及川敦子建築設計室

work 作品

中心に設けた中庭によってプライバシーを守り、敷地境界線上の塀は最小限とした、解放的な佇まい。

東埼玉の家

所在地埼玉県北葛飾郡
建物用途専用住宅
延床面積175.85㎡
施工渡辺富工務店
竣工2016

戻る 進む

中庭を中心に、2階建てと平屋の二つの片流れ屋根のボリュームを、切妻の平屋が繋いだコの字型プラン。家族がお互いの存在を感じながらも適度な距離をとりつつ、それぞれの居場所で過ごすことができるようにと計画しました。

大人数で集う場所と一人になれる場所。明るく開放的な場所と明るさを抑え落ち着きのある場所。様々なスペースが中庭を中心にぐるりと繋がりながら展開します。美術館や画廊めぐりが好きで、以前から絵を集め折々の展示替えを楽しんでいた施主の希望は、生活の中で絵を楽しめる、そのまま小美術館ともなるような家。

各所に必要な収納スペースや、キッチンパントリー、雨の日に物干できるランドリー室も備え、気持ちよく家事をこなせるようにという点にも力を入れています。「舞台裏」を機能的に計画することで、「表」の空間もすっきり整えやすくなりました。

エアコンが苦手という施主の希望で放射式の冷暖房パネルを取り入れ、開口部ほか外皮(床壁天井)の断熱性能にも気を配っています(一次消費エネルギー量等級5相当)。あらわしの梁や柱は無垢の杉材、内装の床や壁天井にも、杉や桧、サワラといった無垢板を適所に使い自然素材の風合いを活かしていますが、木の分量が多くなり過ぎないよう抑えました。

近隣の人達や、たまたま前を通り掛かった人も「気持ちよさ」を感じる一角でありたい。一個の住宅に愛情を込めることは、活き活きとした風景を造る小さな、しかし着実な一歩になるものと信じ、年月が経過し自然な風景へと成熟する日を楽しみにしています。

WORKS

ページの先頭へ